楽しい子育て☆moeママのお気に入り > 主婦のアイフォン・最新家電 >
電気で湯たんぽが温まる安全便利なエコ湯〜ゆ


2011年02月19日

まだまだ、寒い日が続いていますね。
私の寒い冬の必需品は「湯たんぽ」

ほんわり足だけ暖かくなる感じが、
冬の寒い時になんとも幸せなんですよね〜
パソコンの前に座ってる時は特に、なんとも足が冷えるので
湯たんぽ必須です。

そんな湯たんぽ大好きな私が
今年見つけた、とっても便利でマイブームな湯たんぽ

エコ湯〜ゆ愛
この湯たんぽ、お湯を毎回入れる作業がないんです。
電気コンセントで暖めてくれるのです。

エコ湯〜ゆ.jpg


専用のコンセントをエコ湯〜ゆに繋ぐと、
真ん中の赤いランプが付くので、
15分後にランプが消えたら出来上がり。
コンセントを抜いて、ごく普通の湯たんぽのように
使用できます。

電気で暖めるといいますと、あまりぬくもらないのでは?という
イメージがあるかと思いますが、
このエコ湯〜ゆの中には、食塩水が入っているらしく、
中の水が温まるしくみになっていますので、
温まると本物の湯たんぽそのものの感覚になるのです。

しかも、一度暖めると5時間も、あたたかい状態を保ってくれます。
電気で暖めるのに、保温時間の長さにとても感動です。
電気代も一回暖めるのに2円しかかからないそうで、
エコな商品です。

あと、普通の湯たんぽは、熱いお湯を湯たんぽに入れる時に、
ちょっと危険感があるんですよね。
特にこのようなゴムのような質感の湯たんぽは、使い心地はよいけど
温めたお湯を入れるとなると結構難しいですよ。

投入口が狭いから、お湯をこぼしそうになったりとか、
蓋を閉める時に手が滑りそうな感じとか。
エコ湯〜ゆは、そんな火傷の心配が一切ありません。

また、質感がゴム製の湯たんぽのようなので
足の上に置いたりすると湯たんぽがしっかり体のシルエットに沿ってくれます。
プラスチック製の湯たんぽよりも、より冷たい身体へのフィット感があります。

デメリットは、湯たんぽをコンセントに入れて温まるまでが15分ほどかかる事。
お湯を温めて湯たんぽに入れるタイプよりも、ちょっぴり時間がかかっちゃいます。
寒い!湯たんぽ欲しい!と思って15分間待つのはちょっぴり辛いです。
計画的に暖めておかなくてはなりません。

また、2年位で寿命がくるらしいので、
それも残念な所です。

でも、そんなデメリットを差し引いても
エコ湯〜ゆのほうが、とっても使いやすいです。

私はパソコンワークの時と、
夜に寝る時に使用しています。

寝る時に、子供の足元を暖めてあげると、
とってもすんなり眠りについてくれますよ!ぜひおためしあれ〜

↑実は、この腰巻タイプのエコ湯〜ゆ愛も買ってしまいました!
こちらは、充電時間がちょっと長く、保温時間も短くて2時間。

腰に巻くと確かに暖かいけれど、ちょっぴり重たいので、
腰痛の人には向いてないかも。

でも、あったか面積が広いから短時間しっかりぬくもりたい時や、
体が冷えてて腰を中心にポカポカしたい時には
活躍しています!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



セール情報&耳より情報 pick up !
ひらめきお得なトライアルセット付き!無添加タナカミネラルソープ

ひらめき『ベルネセール』ベルメゾンネットの商品が大幅プライスダウン!



ベルメゾンネット
 
最近の記事





楽しい子育て☆moeママのお気に入り/このブログのTOPへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。