2012年08月13日
フライパンって最近ではテフロン加工をされたものが
売り場のほとんどを占めていますよね。
でも、テフロン製の安いフライパンってすぐにダメになるから
鉄製のしっかりしたフライパンを長年ずっと愛着をもって使ってみたいな、と
思っていました。ロッジ製のスキレットとは、主にキャンプ用に使われるダッチオーブンを
フライパンとして手軽に使えるような形にしたものです。

鉄製のスキレット・ダッチオーブンははアメリカで100年以上料理道具として愛されているそうです。

スキレット6.jpg

IHでも使えるスキレット

ロッジのスキレットは、家庭用のIHクッキングヒーターで使用できます。
あまりロッジの商品説明にIH使用については詳しくかかれてないし、
スキレットの裏側は真っ平らではないので、ちょっと不安だったのです。
でも使ってみると普通に使えました。



スキレット2.jpg
お料理は、焼き物が得意です。
火の入り方がフライパンと全然違ってすごく高温になるから
食べ物が軟らかくて美味しくなります。
フライパンで焼いたのとは全然違って美味しいです。

スキレット1.jpg

安いステーキも柔らかに焼き上がります。

スキレット4.jpg

生鮭に小麦粉をまぶして、エリンギと一緒に焼きました。
すごく家族に好評でした。

スキレット3.jpg

チャーハンもいい感じに仕上がります。

重たさは許容範囲


スキレットをマイキッチンに導入するにあたり、まず心配だったのが
重さです。
重さが本体だけで2.4キロあります。
専用のフタを合わせると4キロ超えます。

しかし、意外と手元にくると大丈夫でした。
片手持ちのフライパンですが、反対側に持ち手もついているため、
鍋のようにして持ち上げることができるからです。


お手入れは難しい?


もうひとつ心配だったのが、スキレットのお手入れです。
鉄の調理器具であるスキレットは気を抜くと錆びてしまうはずです。

お手入れの方法については、
ダッチオーブンで作る!キッチンレシピ集の「ダッチオーブンのお手入れ方法」を
参考にさせて頂きました。
(こちらのサイトにはすごく美味しそうなダッチオーブンやスキレットのレシピが掲載されていますので
参考にさせて頂きました)

まずは、使用後暖かいうちに沸騰させたお湯をスキレットに入れておきます。
しばらく置いた後にスキレットを洗います。こびりつきや焦げはお湯の力によって
ふやけているので、木べらでこそぎとりました。
(ちょっと油が少なくてこがしてしまいましたが、スキレットは焦げもとれやすいです)

スキレット5.jpg

汚れを取った後にIHヒーターにかけて水分を飛ばします。
水分が抜けたらオリーブ油を塗ります。

悩み所は、IHではスキレットのフタに直接熱を加えることができないところです。
仕方ないので、本体を熱して乾いてきた頃にフタをのせたりしています。

使用後は参考サイト・ダッチオーブンで作る!キッチンレシピ集さんのようにフタとスキレットの間に箸を挟んでキッチンの隅に置き、いつでも使えるようにしています。

ロッジ来店割引キャンペーン中!


全国のロッジ直営店ではロッジ製品の10%割引キャンペーンが開催中です。
(2012年9月29日まで)
クーポン発行ページはこちら↓↓↓
ロッジご来店割引キャンペーン

ウェブクーポンを発行し、お店のスタッフさんにに提示するだけで
10%割引になります!
購入するならお得に手に入れたいですね。

LODGE ロッジ ロジック スキレット 10 1/4インチ

LODGE ロッジ ロジック スキレットカバー 10 1/4インチ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



セール情報&耳より情報 pick up !
ひらめきお得なトライアルセット付き!無添加タナカミネラルソープ

ひらめき『ベルネセール』ベルメゾンネットの商品が大幅プライスダウン!



ベルメゾンネット
 
最近の記事





楽しい子育て☆moeママのお気に入り/このブログのTOPへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。