楽しい子育て☆moeママのお気に入り > ホームケア・衛生グッズ >
乳児の風邪に電動鼻水吸い取り器は必需品!


2013年09月24日
うちの息子ちゃん、4ヶ月にして初めて風邪引いちゃいました。

今、福岡と東京でRSウイルスが猛威をふるっていまして、
多分小1のお姉ちゃん経由でもらったみたいです。1週間くらい鼻水がちょっとでるかな?と思ってたら、
どんどんひどくなって来て、
そのうち鼻水ジュルジュルで、気管支の炎症を伴って咳がひどく、
とっても苦しそうになってしまいました。

鼻水が貯まって母乳を飲んでも、
喉のあたりで引っかかるみたいで、
飲んでは吐くの繰り返しが4日間ほど続きました。

病院から頂いた水薬も全く飲めませんでした。

うーん、どうにかしてこの苦しそうな鼻水を少しでも
とってあげたいと思って事前に購入しておいた鼻水吸い取りができる
電動の吸引器ベビースマイルを使ってみました。


ベビースマイル.jpg



ベビー−スマイル
最初はうまく鼻水が取りにくくて、
この吸引器駄目じゃん、て思ったんですよ。

その時は仕方なく、直で鼻に口を当てて吸い込んであげたりしてました。

でも、結構なお値段なのでめげずに何回かトライしてたら
うまくとれるようになって来ました!

鼻水を吸い込むには絶妙な角度があって、
慣れてくると面白いほどに取れるようになるんです。

ノズルは鼻に突っ込んでしまってはいけません。
小さな鼻の穴に無理矢理突っ込もうとするとうまく吸えません。

ベビースマイルは鼻の入り口にあてがう感じで使います。
角度を少しずつ変えてあげて、ズルズル!っと手応えがある部分を探します。
鼻の穴に隙間があく場合は手を少し添えてあげると
吸引力が増幅します。
ちょっぴり修行が必要です。

鼻水は奥の方にグズグズ固まっているものは取れないのですが、
鼻の見える部分にある鼻水はベビースマイルで全部とれてスッキリします。

赤ちゃんって、鼻をティッシュで噛むことできないじゃないですか。
大人だったらティッシュでチーンとできる範囲の部分を
吸取り器で取ってあげられる、という感じです。

ですから、奥のほうの塊は耳鼻科に行ってケアしてもらって
自宅ではマメに鼻水を吸い取ってあげるという方法で、
赤ちゃんもだいぶん楽になると思います。

娘の時は以前も紹介した鼻吸い取り器でやってたんです。

過去記事:鼻風邪には「ママ鼻水トッテ」が大活躍!

これもうまく取れるのですが、
親の肺活量が必要。

頻繁にやってあげるのは親の体力が伴います。

ベビースマイルだったら
気になる時にとってあげてても鼻に負担がかかるほどの圧でもないです。

ベビースマイルは、6年前は、まだ販売されてなかったんですよね。
育児グッズも進化してますね。

4ヶ月の息子も、
ティッシュで鼻のまわりを拭いてあげるのはめちゃくちゃ嫌がるのに、
ベビースマイルを鼻にあてがっている時はとっても大人しく
「あ〜あ〜」ってヘンチクリンな喃語まで出してくれます。

病気にかかって鼻水がで出してからベビースマイルを買うのでは
ネットだとタイムラグがあるので、
先に買っておいてよかった!と思いました。

もうひとつ、圧がもっと強いメルシーポットも気になったのですが、

外出時も持ち運んで鼻をとってあげられると言う点では、
ベビースマイルがよかったんじゃないかな、と思っています。 

キッズデザイン賞受賞!テレビにも登場した電動鼻水吸引器鼻水ケアにオススメ!ベビースマイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375230144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



セール情報&耳より情報 pick up !
ひらめきお得なトライアルセット付き!無添加タナカミネラルソープ

ひらめき『ベルネセール』ベルメゾンネットの商品が大幅プライスダウン!



ベルメゾンネット
 
最近の記事





楽しい子育て☆moeママのお気に入り/このブログのTOPへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。